読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

今日も一日ゲーム作り!「待機モーションその5公開」「プログラマーのブログ紹介」(2016/10/02)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

「今日も一日ゲーム作り」では、現在制作中の本作品の開発状況について、毎日更新で皆さまにお伝えします。

 

本日の報告はこちら!
・待機モーションその5公開
プログラマーのブログ紹介

 


 一つ目の報告は、昨日に引き続きモーション担当から、待機モーションその5が公開されたとのことです。

 

 前回のモーションはこれまでの毛色とは違い、奇妙さを前面に出したモーションでしたが、さて今回のモーションはどんな感じなのでしょうか。

 


待機モーション5

 

 ふむ・・・これは一体どういった待機なのでしょうか。

 

 担当者に聞いてみると・・・

 

「大きく重い遠距離系の武器を持っている時の待機モーションです。そのまま持たせると地味に仕上がってしまうので、かなり誇張表現しています」

 

 とのこと。どうやら重火器等を武器としているキャラの待機モーションみたいですね。

 

 そして誇張表現したということですが、他のモーションとは違い、呼吸の際に動く身体の揺れが大きくなっています。

 

 もちろん、誇張表現というのはそれだけではないでしょう。身体の角度や、腕の動き等も、大袈裟に表現されています。

 

 これまで公開されたモーションはそのポーズの斬新さばかりに注目していましたが、今回はモーションらしく、その動きに工夫が凝られているようですね。

 

 たとえ派手なポーズではなくても、工夫次第で格好良くなる! というのを見事ウチの担当者は見せつけてくれました。

 

 モーション素人のワタクシも、これを見せられれば、動きの誇張表現の大切さが身に染みて分かりました。

 

 これでワタクシも、果てしなく遠いモーション道を極めし者へ、一歩でも近づくことができたでしょうか?(ジョウダンデスヨ)

 

 

 続いての報告です!

 今度はプログラマーから。とはいえ、報告というより紹介になります。

 

 

blog.i-fromjapan.com

 

 こちら、現在公開中の「I From Japan Staff Blog」のとある記事となっています。

 

 著者はこの「Last Standard」のプログラマーであり、そして「株式会社I From Japan」の代表取締役である中道 慶謙氏。

 

blog.i-fromjapan.com

 

 その内容は題名にもありますが、【UE4でアクションゲーム関連の実装方法】について。

 

 つまり、平たく言えばアクションゲームの作り方ですね!(貼られた記事は、導入部分となっております)

 

 これは、ゲーム制作をしている方、またゲーム作りをしてみたいという方にとっては、かなり熱い記事なのではないでしょうか!

 

 また、プログラム関連だけではなく、MAYA、Zbrush、モーション、音響、さらには演出まで、それぞれのスタッフがその内情を詳しく書いてくれています。

 

 ゲームだけではなく、色々な場面で役に立ってくれそうな記事ばかりです!

 必見ですよ!

 

 さらに、記事について疑問に思ったことや、記事の内容以外で気になったことでも、コメントして頂ければ、スタッフがその都度答えてくれます。

 

 もちろん、疑問だけではなく、忌憚なきご意見もお待ちしております。

 

 

 本日の報告は以上となります。

 

 ――私達は誰にでも楽しめるようなゲームを創ることを目指しております。

 

 しかしそのためには、私達はまだまだ力不足であることも重々承知の上。

 

 だからこそ、こうしたブログ等、少しでも皆様と意見を交わす機会を作り、お互いに高め合えれば、きっとより良いものができると思っております。


 

 ・・・さて、そろそろ今回の【今日も一日ゲーム作り!】はお開きの時間。

 

 明日も一日ゲーム作り!
 八代空でした。ではでは~

 

blog.i-fromjapan.com