読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

サウンドミドルウェア【Wwise】と【UnrealEngine4】を連携する

Wwise

 

blog.i-fromjapan.com

 こんばんは。

今回はサウンドミドルウェアであるWwiseとUE4とのインテグレーション方法について書いていきたいと思います。

 

2016/10/5現在

Wwise v2016.1.3 build 5878

Unreal Engine 4.13

Windows10

でのインテグレーション方法です。バージョンによって変わってくると思いますが、大体同じでしょう。

 

 
下記の方法を行う前に対応するバージョンのWwiseとUnrealEngineはインストールしておいてください。
今回はインストール済みのプラグインとしてインテグレーションします。
 
1.UE4インストール先のフォルダにPluginsフォルダを作成する
?:\<UE4 projectdirectory>\Epic Games\4.13
上記ディレクトリにPluginsフォルダを作成します。

f:id:yabu7shin:20161005201831p:plain

 
2.Pluginsフォルダ内にAudiokineticからダウンロードしたUE4インテグレートファイルをコピーする
先ほど作成したPluginsフォルダ内に解凍して出てきたUE4.13_Integration_Wwise_v2016.1.3_5878のWwiseフォルダを丸々コピーします。
 
3.////Plugins/Wwiseフォルダ内にThirdPartyフォルダを作成する
コピーしてきたWwiseフォルダ内にThirdPartyというフォルダを作成します。

f:id:yabu7shin:20161005202516p:plain

4.ThirdPartyフォルダ内にSDKファイルをコピーする
作ったThirdPartyフォルダ内にファイルをコピーします。
SDKフォルダはインストール先を変えていなければ
C:\Program Giles(x86)\Wwise v2016.1.3 build 5878\SDK
にあると思います。
SDKフォルダ内にある
x64_vc140
Win32_vc140
include
3つのフォルダをThirdPartyフォルダ内にコピーします。

f:id:yabu7shin:20161005203936p:plain

 

5.ThirdPartyフォルダ内にsampleフォルダを作成する

sampleフォルダを作成します。

 

6.sampleフォルダ内にSoundEngineフォルダをコピーする

先ほど作成したsampleフォルダ内にSoundEngineフォルダをコピーします。

SoundEngineフォルダは\Wwise v2016.1.3 build 5878\SDK\sample にあります。

f:id:yabu7shin:20161005205345p:plain

 

これで大体は終わりです。

デモゲームで確認してみましょう。

 

7.WwiseDemoGameをUE4で起動し、Wwiseと接続する

WwiseDemoGameを起動します。

そのあとWwiseを起動し、Remoteボタンを押して接続します。

f:id:yabu7shin:20161005210507p:plain

f:id:yabu7shin:20161005210512p:plain

 

8.ビルドする

UE4の画面に戻り、AudiokineticのGenerate SoundBanksをクリックします。

f:id:yabu7shin:20161005210856p:plain

 

9.プレイする

f:id:yabu7shin:20161005211253p:plain

 デモゲームのサウンドが適応されたのが確認できました。

 

Wwiseチュートリアルはよくできていて、Wwiseの使い方のみならずデザイン面もよく書かれています。インテグレーションについてもそうですが、まだWwiseに関する記事が多くなく説明書読んでもわからないよって方のために出来るだけかみ砕いて書いてみました。

今後、僕がWwiseを使っていて感じたこと等いろいろ記事にしていこうと思うのでよろしくお願いします。

blog.i-fromjapan.com