読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

今日も一日ゲーム作り!(2016/10/27)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

 

「今日も一日ゲーム作り」では、現在制作中の本作品の開発状況について、毎日更新で皆さまにお伝えします。

 

 

本日の報告はこちら!

・ワープシステムの実装

・11/19にバンタンゲームアカデミーで開催されるUE4 Meet Up Osaka #2にて講演会をすることが決定!

 

 


 前回の報告は、三回目の「耳で楽しむ」回! 二つのBGMを紹介しました。

 

 一つは天使が舞い降りてきそうな神聖なBGM。もう一つは、激しさと壮大さを兼ね備えた戦闘BGM。

 

 どちらも、ここぞという時に使うとかなりテンションの上がりそうなBGMでした!

 

 さらに、音響担当は現在新曲を制作中とのこと。一体どんな曲を仕上げてくるのか、とても楽しみですね。

 

 さて、前回のおさらいはそんなところで、早速今回の報告にまいりましょう。一つ目の報告はコチラ。

 


ワープシステムの実装

 


 プログラマーからの報告です! 内容はまさにサブタイトルの通りなのですが・・・ワープ機能!?

 

 どうしてそんな機能がいきなり実装されることになったのか、とても気になるところではありますが、まずは動画が届いておりますので見てみましょう。

 


【プログラム】ワープ機能

 

 ブロックからブロックへ、瞬時にワープ!

 

 ということで、見ての通りプレイキャラクターの位置を変えるプログラムなのですが・・・色々と気になる部分がありますね。

 

 まずはブロックの色の変化。動画では白、黄色、赤、黒のブロックがありますが、これには何か意味があるのでしょうか・・・

 

 さらによく見てみますと、色が変わって見えるのは、操作している側だけ――つまり、相手にはブロックの色が今何色なのか伝わっていません。

 

 これを見ると、ますますこのワープ機能はただのワープ機能だけではない気がしてきました。

 

 ということで、早速プログラマーに訊ねたところ・・・

 

「各色のブロックは、操作キャラクターには特に害はありませんが、自分以外のキャラクターが触れると様々な効果を発揮します」

 

 とのことでこのワープブロック、実はワープ機能以外にも、トラップとしての機能等も併せ持っているようです。

 

 つまりこのワープ機能は、プレイキャラクターの"能力"になるもののようです。

 

 ワープの使えるキャラ・・・しかも、相手にとっては罠にもなるという、かなり強力な能力になる予感。

 

 因みにこのブロックは、実際のゲームに反映する時は、ワープゲートみたいな形にするようです。

 

 色毎の効果も、現在色々と検討中とのこと。どんな能力が付与されるのか・・・そこも今後楽しみな部分ですね!

 

 

 続いて、二つ目の報告ですが・・・

 

11/19にバンタンゲームアカデミーで開催されるUE4 Meet Up Osaka #2にて講演会をすることが決定!

 

 その内容はといいますと・・・

 

四ヶ月でTGSゲームメディアアワードにノミネートされたゲームを作った方法

 

 という題目で、私達のこれまでの活動について、その発足から振り返り、ぶつかった問題と、それをどうやって解決したのか、またあの時こうすれば良かったなという踏み込んだ部分まで、お話させていただきます。

 

 壇上に立つのは、私達「I From Japan」の代表取締役、中道慶謙氏になります。

 

 もう既に、参加者はいっぱいいっぱいのようですが、講演内容については、後日中道氏のブログにてその詳細まで公開するとのこと。

 

 もちろんワタクシのこの記事でも、その一端を紹介できればなと思っております。

 

 ぜひ、お楽しみにください。

 

 

 

 さて、今回の報告はこれまでとなります。

 

 今回は二つとも中道氏の報告でした。しかも、プログラマーとしての報告と、代表取締としての報告という異なる部分での報告でした。

 

 講演会するぞという話は実は以前から聞いていたのですが、まさかもう既に参加者がいっぱいになっているとは・・・

 

 ワタクシはその部分に驚きました(笑)

 

 四か月でノミネートされたゲームを作る方法という題目になっていますが、その内容的にはゲームの作り方というよりも、ゲームを作る上での心構えとか必須技術とか、そういった方面の話になりそうですね。

 

 時間があれば、ワタクシも見に行きたかったなぁ。話す内容については、これまでの活動を振り返るみたいな感じなので、全部知っている話になると思うのですが、それでもやっぱり気になってしまいます。

 

 講演会で話した内容は、全て中道氏のブログにて公開されるようなので、ワタクシはそちらの方を楽しみにしていようかな。

 

 

 それでは、明日も一日ゲーム作り!
 八代空でした。ではでは~

 

 

blog.i-fromjapan.com