読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

今日も一日ゲーム作り!(2016/11/02)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

 

「今日も一日ゲーム作り」では、現在制作中の本作品の開発状況について、毎日更新で皆さまにお伝えします。

 

 

本日の報告はこちら!


・環境音と効果音について。

 

 

 前回の報告では、なんと私達のゲームが台北ゲームショウに出展するという大ニュースを発表しました。

 

 出展が決定してからというものの、スタッフ達もいっそうモチベーションを上げ、活動しています。

 

 そして今回の報告は、これまでとは少し味の違った報告・・・

 

環境音と効果音について。

 


 音響担当からの報告。ゲームの環境音と効果音についての進展があったそうです。

 

 ゲーム制作が進み、それに伴って徐々に必要な「音」が判明してきたところで、音響担当がまとめて提出してくれました!

 

 さてさて、一体どんな感じになっているのか・・・動画が届いているので、早速見てみましょう。

 


環境音と効果音

 

 吹き荒れる風の中・・・足音は早まり、敵の血しぶきを上げる。

 

 動画から鳴る音を聴いて、ワタクシはそんなシーンを思い浮かべました。

 

 ゲームにとって効果音というのは、その世界観を表現する上で、とても重要な部分です。

 

 故に求められるのは、その世界観でのリアリティ。

 

 しかし、比較的手軽に録音できる足音など以外の特殊な効果音については、代用品を使って音を表現するのが一般的です。

 

 この辺りの話は、音響担当――サウンドクリエイターのブログを見てもらえればよく分かると思いますが・・・

 

 意外なもので意外な音を出している場合がほとんどです。

 

 そんな中、リアリティを出すには、録音した原音を色々な方法で編集する必要があります。

 

 そのあたりは、完全に音を作る人のセンスとなりますね。

 

 そして今回提出された環境音と効果音は、ワタクシ的には具体的な場面が想像できるほど、リアリティのあるものでした!

 

 音響担当としては、これからどんどん音が増えてくるので、それに合わせて慎重に調整していくとのこと。

 

 これは、音が増えるにつれてクオリティが上がっていきそうですね!

 

 

 

 今回の報告はこれまで!

 

 今回は音響担当が、様々な環境音と効果音をまとめた動画を届けてくれました。

 

 モデル、モーション、プログラム・・・そして音。段々、ゲームを形成するのに必要な要素が揃ってきました。

 

 早く全てが揃ったところを見てみたいものですね!

 

 

 それでは、明日も一日ゲーム作り!
 八代空でした。ではでは~

 

 

blog.i-fromjapan.com