I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

今日も一日ゲーム作り!(2016/11/07)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

 

「今日も一日ゲーム作り」では、現在制作中の本作品の開発状況について、毎日更新で皆さまにお伝えします。

 

 

本日の報告はこちら!


・ダッシュ機能の追加

 

 

 前回の報告では、楽器型武器武器"琴"モーションに、琴のメロディが追加されたことにより、モーションがさらに引き立ちました。

 

 メロディは中華っぽい印象があり、攻撃をすると鋭く弦を掻き鳴らすような音が響きます。

 

 しかもモーション担当が細かく作り込んだ指の動きに合わせて創ったという、物凄くこだわりのある一曲となっております。

 

 これぞ楽器型武器って感じですね!

 

 

 

 さて、今回の報告はといいますと・・・コチラ!

 

ダッシュ機能の追加

 


【プログラム】ダッシュ機能の追加

 

 昨日ゲーム内の色々な機能が上手く働くかどうかの確認としてデバックを行ったのですが、それのおかげでかなりの改善点が浮き彫りになりました。

 

 今回追加された機能はその改善点の一つ。

 

 つまり、移動速度についてのバランス調整と機能の追加。

 

 このダッシュ機能については、結構前から案としてはあったのですが、昨日のデバックを経て、改善の必要性がかなり高いことに気が付きました。

 

 ということで、プログラマーは早々に改善に取り掛かり、出来上がったのがこのダッシュシステム。

 

 元々ローリングする為のボタンを"長押し"することでダッシュモードに切り替わり、一時的に移動速度が上がります。

 

 移動速度の上がる時間についての詳細はまだ明らかになっておりませんが、ここからスタミナ的な要素を追加し、ダッシュできる時間を制限するとのこと。

 

 デフォルトの速度はこれまでよりの移動速度よりも数段階も落としました。

 

 デフォルトとダッシュの速度差を明確につけることで、対人戦の時にお互いの距離感についての読み合いなどが可能になりました。

 

 近接戦等では、このダッシュの使い方が一つのカギになりそうですね。

 

 また、その操作方法についてですが、先程も述べましたように、ローリングのボタンを長押しすることでダッシュモードに切り替わります。

 

 ローリングのボタンにダッシュ機能を追加したのは、様々な要因がありますが、一つは操作する際にローリングと同じボタンである方が楽であるということと、一つは他ボタンはできるだけ武器の固有スキルに当てたいと思った故です。

 

 まぁ、この辺のバランス調整はまだまだ考える余地はあるので、さらにいい感じのポジションが見つかれば、それに変えるつもりではあります。

 

 兎にも角にも、ダッシュ機能の追加により、戦術に幅が広がりました!

 

 ダッシュ以外にも、こういった改善点は本当に沢山ありましたので、どんどん改善していこうと思います。

 

 そして改善する度、こちらのブログでも紹介していきますね。

 

 きっとゲーム制作に携わる人には、役に立つことだと思います。

 

 さて、今回の報告はこれまで!

 

 

 明日も一日ゲーム作り!
 八代空でした。ではでは~

 

 

blog.i-fromjapan.com