I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

今日も一日ゲーム作り!(2016/11/12)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

 

「今日も一日ゲーム作り」では、現在制作中の本作品の開発状況について、毎日更新で皆さまにお伝えします。

 

 

本日の報告はこちら!


・ローポリモデルにノーマルマップを適用

 

 

 前回の報告では、プレイ動画のスクリーンショットを三つ紹介しました。

 

 どこかストーリー性を感じさせる連続的な三つの画像。

 

 そして同時にこのLastStandardのゲーム性を現した三枚でもありました。

 

 台北ゲームショウもありますし、これからもどんどんこういった情報解禁のようなことをするのは増えてきそうです。

 

 ぜひご期待ください!

 

 

 さて、それでは今回の報告にまいりますが、サブタイトルから分かるように、今回は少し毛色の違う報告となりそうです。

 

 報告してくれたのはプログラマー。その内容は、サブタイトルそのままなのですが、正直プログラムさっぱりなワタクシではまるっきり分かりません。

 

 なので、今回はプログラマーから少しレクチャーしてもらいました。

 

 とはいえ話に聞いたことをそのまま書くので、もしかしたら分かりにくいと思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

 今回の報告は、後々プログラマーが詳しく自分のブログに書くとのことなので、気になった方はそちらの方を参考にしてください。

 

 ワタクシの方はあくまで紹介という形にさせていただきます。

 

 さて、まずはサブタイトルの説明ですが、これは低いポリゴン数で創られた3Dモデルに、ノーマルマップ(テクスチャ)を適用して、あたかも高いポリゴン数の3Dモデルに見せる、というものです。

 

 具体的なポリゴン数の比較としては、1674610→38894までポリゴン数を落とすことができたのだとか。

 

 ここで、高いポリゴン数や低いポリゴン数とは一体どういうことなのか、といいますと・・・

 

 簡単に言いますと、どれくらいそのモデルが綺麗で細かいかということですね。

 

 ポリゴン数が高ければ高いほど、(一概には言えませんが)そのモデルは綺麗で凹凸などもはっきり分かるようになっています。

 

 その状態のモデルのポリゴン数を低く――つまり粗くしたのが所謂ローポリモデルといったやつですね。

 

 ん? どうしてわざわざ粗くする必要があるの? 綺麗ならそのままでいいじゃん!

 

 と、思うかもしれませんが、高いポリゴン数のモデルは、それだけプログラムの処理に時間が掛かってしまうのです・・・

 

 なのでユーザーが快適にプレイするには、どうしてもポリゴン数を低くしなければいけないのです。

 

 ですが、今回プログラマーは、この問題をノーマルマップを適用することで解決しました!

 

 つまり低いポリゴン数のモデルに、高いポリゴン数のモデルのように見える絵(ノーマルマップ)を貼り付ければいいじゃん!

 

 と、いうわけですね。

 

 まぁ、こんな文字だけじゃ全然伝わらないと思いますので、ここからは画像を見ながら説明していきましょう。

 

 まずは全くサラサラなモデル。

 

f:id:yashirokuu:20161113012110p:plain

 

 このマネキンを改造して創ったのが・・・

 

f:id:yashirokuu:20161113012156p:plain

 

 これになります。しかしこれは所謂ハイポリ(ポリゴン数が高いモデル)なので、最終的にはローポリでこの画像のようなクオリティに近付けていきたい!

 

 ということでローポリモデルにノーマルマップを適用させたのがこちら。

 

f:id:yashirokuu:20161113012239p:plain

 

 この浮き出た血管のようなものに出来た影なども、ノーマルマップで表現して、あたかもハイポリモデルのように見せています。

 

 プログラマーが言うには、メッシュとやらの整理をしていない状態なので、それを綺麗に整理すれば、もっと凸面と影をくっきり表現できるようです。

 

 今の状態でもかなり近づけていると感じたワタクシですが、まだまだ上はあるということですね・・・

 

 これで皆さんがゲームをプレイする頃には、おそらくとても綺麗なモデルを見せることができそうです。

 

 製作者冥利に尽きるというものですね。

 

 

 

 ということで、今回の報告はこれまで!

 

 今回紹介した技術の詳しい方法等は後日プログラマーがブログで紹介しますので、ゲーム製作者はぜひそちらの方も見てください!

 

 

 

 それでは、明日も一日ゲーム作り!
 八代空でした。ではでは~

 

 

blog.i-fromjapan.com