読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

今日も一日ゲーム作り!「変身システムの導入」(2016/11/20)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

 

「今日も一日ゲーム作り」では、現在制作中の本作品の開発状況について、毎日更新で皆さまにお伝えします。

 

本日の報告はこちら!


・変身システムの導入

 

 前回の報告では、一つの新たな発破として、モーション担当から剣/矛のモーションが届きました。

 

 全身の各部分を「斬る」という目的のみで大きく動かしたその動作は、それだけでもダイナミックさが伝わってきました。

 

 しかしまだまだこれからさらに色々な要素が付けたされていき、さらにこの動作は迫力を増すことでしょう。

 

 乞うご期待!

 

 

 

 さて、それでは今回の報告にまいりましょう。

 

 

変身システムの導入

 

 

 ということで、今回は少しいつもとは違った報告が届きました。プログラマーからのものとなります。

 

 少し前に変身をイメージした武器出しモーションを紹介しましたが、今回はそのモーションにプログラマーが本当に変身機能をつけました。

 

 武器出しモーションの一つとして創ったモーションでしたが、今回のこれを受けて、「変身」というカテゴリーができそうです。

 

 ・・・と、話を進めるよりも、まずは届いた動画を見てみましょう。どんな風に変身するのでしょうか・・・

 


変身システム

 

 少しいかつい親父が、ゆったりとした動作と共に身体が光に埋もれ、気がつけば真っ黒な戦士に・・・!

 

 青い光の演出がたまらなくいいですね! これはぜひ、変身っぽい音と共に見てみたい。

 

 先にも言ったように、このモーションはあくまでも「変身」をイメージしたモーションだったのですが、このシステムが導入したことで、今後も沢山の変身モーションが追加されそうです。

 

 また、今回の変身システムは試作ということで、今後はその演出や動作速度等、調整をしていくとのことです。

 

 これは実際にゲームをする時の楽しみが一つ増えましたね!

 

 その時にはきっと、色々な変身モーションも出来上がっているでしょうし、もしかしたら何か格好いい効果音もつくかもしれません。

 

 プログラマーがサプライズ的に用意したシステムなので、これからどのような形になっていくかはまだ決定していませんが、おそらく・・・いや絶対に変身の音は実装されるはず!

 

 特にモーション担当あたりは、既にいくつかの構想は練っていそうです。

 

 今後はこの変身システムにも注目してきたいですね。

 

 続報をお待ちください!

 

 

 今回の報告はこれまでとなります。

 

 一つのモーションをきっかけに生まれた変身システム。

 

 今後はもっと様々な変身モーションを創っていくとのこと。

 

 ぜひ、このブログでもその経過は追っていきたいところですね!

 

 

 

 それでは、明日も一日ゲーム作り!
 八代空でした。ではでは~

 

 

 

blog.i-fromjapan.com