読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

 

「今日も一日ゲーム作り」では、現在制作中の本作品の開発状況について、毎日更新で皆さまにお伝えします。

 

 

本日の報告はこちら!


・被ダメージ時にピッチが下がる琴の旋律

 

 前回の報告では、少し久しぶりの新待機モードを紹介しました。

 

 特に手の角度や動き、それらにこだわりを感じざるを得ない待機でした。

 

 想定とした武器は、「ヴァイザー」

 

 何やら、ビームを扱う武器なのだそうで、この待機から続く攻撃モーションがどうなるか、予想もつきません。

 

 一体どんなモーションに仕上がっていくのか、楽しみですね!

 

 

 さて、今回の報告ですが・・・

 

被ダメージ時にピッチが下がる琴の旋律

 

 ということで、今回は話題を再び、あの楽器型武器「冥動流斬琴」に戻します。

 

 実は、以前にも攻撃モーションと合わせて少し紹介したのですが、今回はその旋律がさらに進化したというとのこと。

 

 しかも、リアリティを求めるこのゲームならではの進化です!

 

 なにやら、被ダメージ時に旋律が変化するとのことですが・・・

 

 動画として届いているので、早速そちらの方を確認していきましょう。

 


被ダメージ時、ピッチが下がる旋律

 

 攻撃を受けた時に合わせて、旋律のピッチを下げることで、曲の乱れを表現しているようです。

 

 こんなこともできるんですね~!

 

 動画を見た時、素直に感心してしまいました。

 

 やっぱり、どこかゲームと音というのはくっついているようで離れているみたいな印象があったので・・・

 

 ゲーム上での変化に合わせて、流れている最中の音も変えられるというのは、ワタクシはものすごく革新的だと思いました。

 

 これは色々と応用が効きそうですね! 

 

 

 

 今回の報告はこれまで!

 

 被ダメージ時に、流れている旋律のピッチが下がるシステムが導入。

 

 流れている最中の音であっても、条件付けにより途中から変化を加えられるようになりました。

 

 これはリアリティを求めていくうえで、かなり応用が効きそうな技術です!

 

 今後は、効果音やBGMといった要素も、深くゲームのシステムそのものに関わってきそうですね。

 

 

 それでは、明日も一日ゲーム作り!
 八代空でした。ではでは~

 

 

blog.i-fromjapan.com