読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

今日も一日ゲーム作り!「アームデザインその2」(2016/12/19)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

 

「今日も一日ゲーム作り」では、現在制作中の本作品の開発状況について、毎日更新で皆さまにお伝えします。

 

 

本日の報告はこちら!


・アームデザインその2

 

 前回の報告では、色付けや質感などを一段落させたアームモデル1を紹介しました。

 

 色や質感によってガラリと印象を変えたモデル。

 

 その前段階を見ていると余計にそう感じてしまいます。

 

 

 そして次なる報告ですが・・・


アームデザインその2

 

 これもまた、段階的に紹介していこうと思っております。

 

 さて、アーム1はブリキの玩具のロボットをイメージしたデザインでしたが、今回はどのようなアームデザインが届いたのか。

 

 まずは届いた画像の方を確認していきましょう。

 

f:id:yashirokuu:20161219221201p:plain

 

 前回とはまた、全く種類の異なるデザインが登場してきました!

 

 担当者によれば、龍をイメージした籠手のようです。色的には赤いので火龍みたいな感じでしょうか。

 

 熱くて硬そうな鱗に覆われた腕、そして硬化した手の甲。

 

 前回も、ロボットという感じで硬い腕でしたが、今回はまた別の硬さ。

 

 生物としての硬さ。これをどう表現していくのかが肝となりそうですね。

 

 あとは鱗の部分。ワタクシはモデリングの工程について、大まかにしか知らないので、この部分をどう創っていくのかというのが個人的には気になるところです。

 

 モデリングの難易度的には、前回よりもずっと高くなりそうです・・・

 

 というか、高いに違いない!

 

 そして気になるといえばもう一つ。

 

 前回のアームは、ブリキの玩具のような質感だけでしたが、今回の腕は硬い部分と柔らかい部分それぞれの質感を考えていかなければなりません。

 

 また、色付けの方も注目ですね。鱗の色はどんな風に表現するのか・・・

 

 色々と楽しみなデザインですね!

 

 

 

 今回の報告はこれまで。

 

 早速登場した次なるアームデザイン。

 

 龍をイメージした、鱗に覆われたデザインとなっていました。

 

 色、質感共に、前回とは全く別のテイストになりそうですね。

 

 はてさて、どういう風に出来上がっていくのか・・・

 

 次は基礎モデルの紹介ですね!

 

 

 

 それでは、明日は一日ゲーム作り!
 八代空でした。ではでは~

 

 

blog.i-fromjapan.com