読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

今日も一日ゲーム作り!「アームモデル2(3Dモデル化)」(2016/12/20)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

 

「今日も一日ゲーム作り」では、現在制作中の本作品の開発状況について、毎日更新で皆さまにお伝えします。

 

 

本日の報告はこちら!


・アームモデル2(3Dモデル化)

 

 前回の報告では、新たなアームデザインを紹介したました。

 

 龍をイメージした籠手となっており、鋭く硬い鱗で覆われた腕となっています。

 

 3Dモデル化のポイントとしては、やはりこの鱗が肝となってくるでしょう。

 

 はてさて、どういう風に仕上がっていくのか・・・

 

 

 

 ということで、今回の報告は前回から引き続き、こちら。

 
アームモデル2(3Dモデル化)


 前回紹介したアームデザイン2を早速3Dモデル化しました。

 

 モデル1と同じように、今回は基礎モデルのみの紹介となりますが、前回のポイントを注目しつつ、見ていきましょう。

 

 なのでまずは届いた画像について確認しましょう。

 

f:id:yashirokuu:20161220235025j:plain


 鱗の部分は彫刻のように段差的に表現、そして柔らかい肌の部分には龍の地肌っぽいぶつぶつ感を出しています。

 

 色は一様になっているというのに、硬い部分柔らかい部分などしっかり差別化ができていますね。

 

 鱗もよく見れば、一つ一つに筋が通っており、色付けや質感付けの際に雰囲気が出るようにしています。

 

 これは色付けや質感付け後が楽しみですね!

 

 鱗の質感と肌の質感のさらなる差別化や、鱗の色合いなど・・・

 

 イラストでは少し曖昧となっている部分も、3Dモデルでは厳密に作らなければいけませんからね。

 

 鱗の色合いの変化をどう表現するのかというのも注目です。

 

 あとは質感。これは前回とは違い、あくまでも生物としての質感ですからね・・・

 

 ある意味挑戦が多そうな作業となりそうです。

 

 

 

 ということで、今回の報告はこれまで!

 

 前回とは全く別テイストなモデルとなりそうな今回のアーム。

 

 特に細かな色合いや質感などを求められそうです。

 

 はてさてどんな風に仕上がるのか、続きは明日となります!

 

 

 

 それでは、明日も一日ゲーム作り!
 八代空でした。ではでは~

 

 

blog.i-fromjapan.com