読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

今日も一日ゲーム作り!「アームモデル2(仕上げ)」(2016/12/21)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

 

「今日も一日ゲーム作り」では、現在制作中の本作品の開発状況について、毎日更新で皆さまにお伝えします。

 

 

本日の報告はこちら!


・アームモデル2(仕上げ)

 

 前回の報告では、アームモデル2を3Dモデルにした段階のものを紹介しました。

 

 色付けや質感の如何によっては、がらりと印象の変わりそうな出来上がりでした。

 

 そして今回はその続き、ということで

 

 

アームモデル2(仕上げ)

 

 

 色や質感を付けた後、どのようになったのかというのを今回は紹介していきます。

 

 はてさて、昨日紹介したモデルがどのように進化しているのか・・・

 

 まずは届いている画像について見てみましょう。

 

f:id:yashirokuu:20161221231848j:plain


 イラストよりも少し黒っぽい印象がまずありました。

 

 それから目を引かれたのは、腕の鱗部分。

 

 先は焦げたような黒さを表現し、その根元は赤く煌めいています。

 

 ただ赤くするだけでは出ない、炎の熱さというのが上手く表現されています。

 

 そして次に目を引かれるのが、手の甲ですね。

 

 手の甲は、完全に赤みのある黒という色で統一しています。イラストでは鱗の延長線上のようになっていましたが、差別化したようです。

 

 しかしこちらの方がずっと炎竜みたいな雰囲気が出ているとワタクシは思います。

 

 こういう風にイラストでは感じなかった部分を話し合って変更することはよくあります。

 

 少し時間が掛かってしまいますが、より良くするためですからね。

 

 それにやはり2Dと3Dでは色々と勝手が違うようで、今後もその辺の刷り合わせは慎重に行っていくようです。

 

 何はともあれ、今回は色合いや質感で印象がガラリと変わるモデルでしたが、リアリティを残しつつ、格好良い出来に仕上がりました!

 

 これは次のモデルにも期待ですね!

 

 ということで、今回の報告はこれまで。

 

 アーム1とは違い、生物的な感触を再現したアーム2。

 

 イラストより黒い感じで仕上がりましたが、ワタクシ的にはイラストよりも良くなった気がします。

 

 皆さま的にはどうでしたか?

 

 

 

 それでは、明日も一日ゲーム作り!
 八代空でした。ではでは~