読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

今日も一日ゲーム作り!「ショルダーデザイン1の公開」(2016/12/22)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

 

「今日も一日ゲーム作り」では、現在制作中の本作品の開発状況について、毎日更新で皆さまにお伝えします。

 

 

本日の報告はこちら!


・ショルダーデザイン1の公開

 

 

 前回の報告では、アームモデル2の仕上げた状態のものを紹介しました。

 

 イラストよりも黒っぽさを出して、より炎竜っぽい印象が強くなりました。

 

 全体が黒なので、強キャラって感じも増したような気がします。

 

 やはり色や質感を付けると、より雰囲気が出ますね!

 

 

 

 さて、今回の報告ですが・・・


ショルダーデザイン1の公開


 ということで、今回は腕ではなく肩のデザインについての紹介となります。

 

 これまでは手の繊細さや腕の工夫などを見てきましたが、肩はどれだけ収まりの良いデザインかというのが見所となります。

 

 派手なデザイン、スッキリしたデザイン・・・色々なタイプがあると思いますが、さて一発目のデザインはどんなものができるのか。

 

 まずは届いた画像を見ていきましょう。

 

f:id:yashirokuu:20161222222303p:plain


 今回紹介するのは、アーム1を想定したデザインとなっております。

 

 ブリキの玩具をイメージして作られたものですね。

 

 色や、質感もアーム1と同等のものであるそうです。

 

 しかし、アーム1専用のデザインというわけではなく、色合いを変化させるともっと幅広いデザインと合わせられるようなデザインにもなっております。

 

 今は赤と黄色を主体としたデザインですが、こうなると他の色バージョンも見てみたいですね。

 

 デザイン自体はかなりシンプル、しかし派手さはある内容となっております。

 

 やはりポイントは肩の球ですね。

 

 ブリキの玩具っぽく、球体に鉄板のようなもので補強している感じも、味が出ています。

 

 さて、これからはこのデザインを追いかけていくわけですが・・・

 

 どういう風にモデリングされていくのか、楽しみですね!

 

 

 

 今回の報告はこれまでとなります。

 

 今回は腕のデザインではなく、肩のデザインを紹介しました。

 

 パーツが違えば、求められるところもきっと違うと思います。

 

 肩はダイナミックさを演出しつつ、収まりの良いデザインにしなければいけませんからね。

 

 これからも度々肩のデザインを紹介していくつもりですので、そう言った部分をぜひ注目して見てみてください。

 

 

 

 それでは、明日も一日ゲーム作り!
 八代空でした。ではでは~

 

 

blog.i-fromjapan.com