読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

お手軽。Unreal Engine 4でキャラクタークリエイションを作る!

 

blog.i-fromjapan.com

 

 

お久しぶりです。

ヨシゴムです。

 

最近台北ゲームショウに向けてかなりのペースで開発をしているのでなかなかブログを書く時間が取れないのですが、クリスマスということなのでひさしぶりに書きます。

 

ちなみに東ゲ部には一度しか行ったことがなくて

パンダねぇさんとしか面識はありません。

(質問:パンダの鳴き声ってどんな感じ何でしょうか?次に東ゲ部に行った時に教えてください。もしくはYouTubeとかで1番クリアな鳴き声の映像のURLを教えてください)

 

 

 

東ゲ部の拡大を祈りながら記事を書いていきます。

 

 

 

Unreal Engine 4 でキャラクタークリエイションを作る!

 

キャラクタークリエイションといいましても顔のパーツを変えたりするモノではなくが、パーツ組み換え型のクリエイションの紹介になります。(顔のパーツをいじるのはググれば出てくると思います)

 

 

まずは動画を見てください。

 

 

youtu.be

 

こんな感じです。

 

 

用意するもの

 

  • アニメーションBPを適応させるための親の素体
  • 各部位のパーツ
  • ボーンウェイト塗りを頑張る心(1番大事です。ほんとに綺麗に塗らないと変になります。細かい塗るテクニックなどはそのうちStaff Airi に記事にしてもらいたいと思います。)これはMaya上でやります。

 

まずは仕組みの説明です

 

f:id:YoshiakiNakamichi:20161224181508p:plain

 

 

 

こんな感じで素体となる体にそれぞれのパーツをつけていきます。

 

この時にアニメーションBPやアニメーションの再生は素体のみで行いそれを各パーツにミラーしていきます。

 

あ、すいませんパンダだと少しわかりにくいですね

 

 

 

パンダねぇさんバージョンです。

 

f:id:YoshiakiNakamichi:20161224181728p:plain

 

 

 

つまり、体をまるごと用意するのでは無く、胴体、右腕、左腕、足などに分けて用意するんですね。

 

 

僕らのゲームではとりあえずこんな感じで分けています

 

f:id:YoshiakiNakamichi:20161224182055p:plain

 

作:Yoshimoto モデル:僕

 

 

パーツを用意する時に注意しないといけないのは、

パーツ単体を用意するのではなくパーツに骨を入れた状態のモデルを用意しないといけないことです。

 

f:id:YoshiakiNakamichi:20161224182409p:plain

 

 

こんな感じです。

 

 

ここで完成を想像してうまくボーンウェイトをぬらないと、普通のモデルみたいに関節部分がつながっていないので隙間が空いたりグチャっとなったりします。

 

 

 

パーツのモデルを用意するときはパーツ部分にだけリグ付けをするだけでいいのですが

素体を用意するときはすべての骨に対してリグ付けをしてください。(影響の無いウェイトは0で大丈夫です)

 

 

僕らの使用している素体はこれです

f:id:YoshiakiNakamichi:20161224183012p:plain

 

各それぞれに関節球をつけただけです。

これは全てにリグ付けされているのですがされていないとこんな感じになります。

 

 

f:id:YoshiakiNakamichi:20161224183243p:plain

 

リグ付けされている骨以外が変なことになっています。

パーツの場合はこれでも大丈夫ですが素体はしっかりとしてください。

 

 

僕達のゲームではこのジョイントの形状も変えれるようにしているのですがそこまでを求めないならば、わざわざたくさん関節球を作らなくても適当な球とかにリグ付けして

オブジェクトはマテリアルなどで透明化すればいけます。

 

それでは、素体の骨の動きをミラーする方法に入ります。

 

f:id:YoshiakiNakamichi:20161224183912p:plain

 

 

 

 

まずは素体を普通に設定します。

 

そして、他のパーツをそれの子供にします(オンラインのみ)

 

 

パーツはAnimClassをなしで大丈夫です。

(実はAnimBPを設定するだけでも動くんですが気持ち的に処理が思いような気がするので使わない方法でやってます)

 

f:id:YoshiakiNakamichi:20161224184105p:plain

 

 

 

 

そして!

f:id:YoshiakiNakamichi:20161224184353p:plain

 

このSet Master Pose Component をConstruction Scriptで使うだけです。

 

 

僕の場合はこの"Skeltal Mesh"が素体になってます。

 

 

 

あとは好きにこの

f:id:YoshiakiNakamichi:20161224184612p:plain

 

Set Skeltal Meshでメッシュを入れ替えてください。

 

 

 

 

オフラインではこれでだけで動きます。

 

ただしオンラインではうまく動かないので

パーツ達を配列にしてRepnotyfyにしてセットしてあげれば動きます。

f:id:YoshiakiNakamichi:20161224184921p:plain

 

 

 

こんな感じで簡単にキャラクリができてしまいます!

 

ハッピークリスマス!!

 

明日は、パンダねぇさんが記事を書くみたいですね!

 

 

 

 

blog.i-fromjapan.com