読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

今日も一日ゲーム作り!「アバターのカラーチェンジシステムの導入」(2017/01/06)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

 

「今日も一日ゲーム作り」では、現在制作中の本作品の開発状況について、毎日更新で皆さまにお伝えします。

 

 

本日の報告はこちら!


アバターのカラーチェンジシステムの導入

 

 前回の報告では、色付けや質感などを一通り仕上げたボディモデル2を紹介しました。

 

 黒い革製のスーツを着用しているようなデザインに仕上がっていましたね。

 

 銀色のラインは筋肉の形を強調し、力強さも同時に伝わるような出来栄え。

 

 実際にゲームに反映されるとどうなるのか・・・楽しみですね!

 

 

 

 さて、それではそろそろ今回の報告に参りましょう。


アバターのカラーチェンジシステムの導入


 ということで、今回はシステム面での報告となります。

 

 以前にアバターをパーツ毎に変更できるシステムを紹介しましたが、それの続きとでもいうのでしょうか。

 

 色々なパーツに変えられるだけではなく、その色を変更できるシステムが導入されました。

 

 これでさらにアバターの選択肢を増やすことができるようになりました!

 

 それでは、実際にアバターの色を変えている様子について見ていきましょう。

 


カラーチェンジシステム


 矢印のアイコンの左に、新たにカラーのアイコンが追加されています。

 

 そこを押すと、装備の色が変わるようになっています。

 

 ただ色が変わっているだけではありません。

 

 一部のモデルパーツにおいては、そのデザインも変わっていたりします。

 

 特に頭や身体に注目です。

 

 近々、これらのモデルも改めてブログで紹介したいと思っています。

 

 前回のブログで、ボディモデル2を雛形にして別のモデルを作っているというのは、ここに生かされているわけですね。

 

 雛形とはいっても、デザインだけではなく質感も全く違うので、ほとんど別物のモデルと化しています。

 

 今後は新たなモデルの他に、カラーチェンジしたバージョンのモデルというのもどんどん増えていきそうです。

 

 そちらの方も乞うご期待ください。

 

 

 

 今回の報告はこれまでとなります。

 

 アバターカスタムに、カラーチェンジという新たな要素が加わり、よりいっそうキャラクタークリエーションに鮮やかさが出ました。

 

 色だけではなく、デザイン自体変えるパーツもあるので、今後が楽しみです。

 

 

 

 それでは、明日も一日ゲーム作り!
 八代空でした。ではでは~

 

 

blog.i-fromjapan.com