I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

今日も一日ゲーム作り!「ボディモデル(カラーバージョン1)」(2017/01/06)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

 

「今日も一日ゲーム作り」では、現在制作中の本作品の開発状況について、毎日更新で皆さまにお伝えします。

 

 

本日の報告はこちら!


・ボディモデル(カラーバージョン1)

 

 前回の報告では、キャラクタークリエーションにおいてアバターのパーツの色を変更することのできるシステムについて紹介しました。

 

 しかも変わるのは色だけではなく、そのデザインが変わるものも導入されていました。

 

 特に顔や身体については、もう質感から全くの別物と化していました。

 

 

 

 そして今回の報告は・・・


ボディモデル(カラーバージョン1)


 ということで、カラーチェンジシステムの動画で出てきたデザインの違うモデルをここで改めて紹介したいと思います。

 

 丁度最近ボディモデルについて紹介していたので、最初はボディモデルのデザインにしてみました。

 

 よろしければ、以前紹介したボディモデルと比較してみては如何でしょうか。

 

 さて、それでは早速届いたボディモデル(カラーバージョン1)の画像について見ていきましょう。

f:id:yashirokuu:20170106233708p:plain

(前)

 

f:id:yashirokuu:20170106233749p:plain

(後ろ)

 

 最初に紹介するのはこれ! 白銀の西洋風鎧です。

 

 胸に刻まれた十字架、そして身体の各ラインは金色で施されています。

 

 銀と金により、清涼感も出しつつ、神々しさを感じさせるデザイン。

 

 聖騎士という言葉がすぐに頭に浮かびました。

 

 雛形であったボディモデル2は、革のような質感でしたが、今回は金属風の質感にしていますね。

 

 しかしポイントはその質感だけではありません。

 

 ラインのそばに並ぶ小さな丸。これにより、金属の板を合わせて鎧が出来ているという感じを表現しています。

 

 質感だけではなく、こういう素材を使っているという前提でモデルを作るからこそ、その素材の雰囲気が出るってことですね。

 

 当たり前のように感じる工夫ですが、最も大事な工夫ですよね。

 

 今後はそういった目線でモデルを見ていかなければなりませんね!

 

 

 

 

 ということで、今回の報告はこれまで!

 

 カラーチェンジシステムによって登場した別バージョンのボディモデルのその一発目!

 

 これからもどんどんこういった別バージョンのモデルは紹介していきたいと思っております。

 

 どのようなモデルが今後増えていくのか・・・

 

 乞うご期待ください!

 

 

blog.i-fromjapan.com