I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

今日も一日ゲーム作り!「走り出しモーション」(2017/01/30)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

 

「今日も一日ゲーム作り」では、現在制作中の本作品の開発状況について、毎日更新で皆さまにお伝えします。

 

 

本日の報告はこちら!


・走り出しモーション

 

 前回の報告では、動画配信企画についての続報を報告しました。

 

 第一回目の放送は今週末を予定しております。

 

 動画でしか伝わらない制作現場の実情をどんどん発信していきますので、どうぞお見逃しなく!

 

 それでは、今回の報告の方に参りましょう。

 

 

・走り出ししモーション

 

 

 ということで、以前に走りのモーションについては紹介しましたが、今回はそのモーションをさらに掘り下げた報告となります。

 

 サブタイトルでは歩き出しとなっていますが、厳密には歩き出しから走りに至るその間のモーションについてとなります。

 

 Last Standardは3Dアクションゲームですので、ともかくモーションという点においては特にこだわって作っています。

 

 やはりアクションは一瞬一瞬が勝利のカギとなり得る展開の多いジャンルですからね・・・

 

 ことモーションに関しては、厳密なまでに調整を繰り返してきています。

 

 とことがこれまでは台北ゲームショウなどのイベントもあり、ここ最近はそういった部分に目を向ける余裕はありませんでした。

 

 台北ゲームショウが終わり、諸々の区切りが一段落したところで、ようやく散々気になっていた部分にも目を向けることができるようになりました。

 

 走り出しモーションはその一つですね。

 

 これまでは歩き出しから走り始めまでに、厳密なモーションを設定していなかったので、どうしてもカクついてような違和感がありました。

 

 一区切りがついた今、こういった細かい部分についても改めて見直していきます。

 

 そして今回はこの歩き出しからの一連の動作について、現状がどうなっているのかを報告させてもらいます。

 

 ・・・と、前置きが大分長くなってしまいましたが、とりあえず届いた動画についてみていきましょう。

 


走り出し1

 


走り出し2


 今回は内容の細かさもあり、動画を二つ用意しました!

 

 歩き出しから走り出しまでがかなり自然な感じに改善されています。

 

 担当者によると、まだまだ切り返しや身体の部位の位置など、改善すべき点はまだまだあるとのこと。

 

 移動モーションは、特にプレイヤーに見られる部分でもありますからね・・・

 

 まだまだ作りこんでいくそうです!

 

 これは完成し、実際に操作する時が楽しみですね!

 

 

 

 今回の報告はこれまでとなります!

 

 今回はかなり細かい部分での報告となりました。

 

 実はもっと深く掘り下げて説明したいところもあったのですが、そこまですると少し長くなってしまうので・・・

 

 もう少し踏み込んだ話は、裏ブログの方でさせてもらいます!




 それでは、明日も一日ゲーム作り!
 八代空でした。ではでは~

 

blog.i-fromjapan.com