I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

今日も一日ゲーム作り!「待機モーション 拳」(2017/02/02)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

 

「今日も一日ゲーム作り」では、現在制作中の本作品の開発状況について、毎日更新で皆さまにお伝えします。

 

 

本日の報告はこちら!


・待機モーション 拳

 

 前回の報告では、移動中に曲がろうとすると身体が傾くモーションが導入されたことを紹介しました。

 

 比較として傾き走りが導入される前のものと比較しましたが、かなり動きのカクつきはなくなったように見えます。

 

 やはり、アクションで動作が不自然だと味気がなくなりますからね・・・

 

 基礎モーションについては、今後も改善を続けていくそうです。

 

 続報については、積極的に追いかけていきたいですね。

 

 さて、それでは今回の報告です。

 

・待機モーション 拳


 ということで、今回は新しい待機モーションについての報告です。

 

 前回は低い姿勢で構える双剣の構えを紹介しました。

 

 今回も新しい待機モーションについて届いたので、紹介していきます。

 

 まずは早速、届いた動画について見ていきましょう。

 


待機モーション 拳


 今回のモーションは、手に持つ武器というよりも、拳そのものが武器といった待機モーションとなります。

 

 よくよく考えてみれば、こういう王道な待機モーションというのは珍しいですね。

 

 拳で戦うタイプの待機といえば、既に一つ存在しますが、そのモーションが拳法だとすると、今回のこれはボクシングといったところでしょうか。

 

 こういったタイプの待機モーションも、色々な種類があれば、同じ拳型でも特色が分かりやすくできそうですね。

 

 足技タイプなのか、拳タイプなのか・・・とか。

 

 同じ系統でも、また違った技が得意、というのもこのLastStandardの味ですからね!

 

 どんなモーションが増えていくのか、楽しみです。

 

 

 

 今回の報告はこれまで!

 

 格闘タイプの待機モーションが新たに一つ増えました!

 

 同じ系統でも、得意技がはっきりと差別化できていて、今後創られるモーションがさらに楽しみになりました。

 

 次の作品に、乞うご期待ですね!

 

 

 

 それでは、明日も一日ゲーム作り!
 八代空でした。ではでは~

 

blog.i-fromjapan.com