読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

今日も一日ゲーム作り!「重量状態の移動 歩行」(2017/02/17)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

 

「今日も一日ゲーム作り」では、現在制作中の本作品の開発状況について、毎日更新で皆さまにお伝えします。

 

 

本日の報告はこちら!


・重量状態の移動 歩行

 

 前回の報告では、会社ロゴと“LastStandard”のタイトルについて、商標登録が完了したことを報告しました。

 

 これにより、I From Japanが会社としての一歩を踏み出すことが出来ました!

 

 具体的に商標登録したこれらのものが効果を出してくれるのは、もう少し先にはなりそうですが・・・

 

 準備は早いことに越したことはないですからね。

 

 さて、それでは今回の報告にまいりましょう。

 


・重量状態の移動 歩行

 


 ということで、今回は少しぶりのモーションについての報告となります。

 

 以前に、軽量状態における走りのモーションを紹介しましたが、今回はその逆の状態での歩行モーションとなります。

 

 以前のモーションは疾走感溢れる出来栄えでしたが、今回は全くの逆の状態です。

 

 どういう風に仕上がったのか、まずはこちらの動画をご覧ください。

 


重量過多状態での歩行モーション

 

 背はかなり前傾し、股を大きく開いてゆっくり歩いています。

 

 しかも歩く度に少しだけ頭が下がっているせいで、しんどそうな感じも伝わってきますね。

 

 さて、以前のブログでも書きましたが、通常移動モーションは、それぞれの武器に設定されたパラメータの要素の一つ“重量”によって左右されます。

 

 今回のモーションはおそらく最も重い状態に反映されるモーションでしょうか。

 

 今は速い――普通――遅いの三つの状態しかありませんが、さらに細分化すれば移動速度というのが、より戦闘の優劣に関わりやすくなりそうですね。

 

 

 

 今回の報告はこれまでとなります。

 

 以前に紹介した移動モーションとは全く逆の状態となるモーションを紹介しました。

 

 移動に関するモーションは、今後もまだまだ増えていきそうです。

 

 特に武器のパラメータによって変わるモーションや、もしくは追加されるモーションなどは、ゲームをより面白くしてくれそうです。

 

 今後も移動モーションには注目していきたいですね。

 

 

 

 それでは明日も一日ゲーム作り!

 八代空でした。ではでは~

 

blog.i-fromjapan.com