読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

今日も一日ゲーム作り!「走り出しモーション」(2017/02/21)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

 

「今日も一日ゲーム作り」では、現在制作中の本作品の開発状況について、毎日更新で皆さまにお伝えします。

 

 

本日の報告はこちら!


・走り出しモーション

 

 前回の報告では、三月末に開催されるSlush Tokyo 2017に参加することを報告しました。

 

 沢山の起業家や投資家向けのイベントというのはこれが初参加。

 

 緊張と共に、とても楽しみでもあります。

 

 さて、それではイベントに向けてブログも盛り上げていきますよ!

 

 

 今回の報告はこちら!

 


・走り出しモーション


 ということで、今回は移動モーションについての報告です。

 

 以前改良した移動についてのシステムを紹介しました。

 

 そのシステムでは、移動は基本的に待機状態→歩行状態→走り出し状態→走行状態というように推移していきます。

 

 ここで重要なのは走り出し段階で、ここを工夫することでよりリアルな走り方になります。

 

 さて、今回はそんな走り出しについてのモーションです。

 

 それでは、まずは実際に走り出しのモーションを見てみましょう。

 


走り出し モーション


 この走り出しモーションを加えることで、歩行から走行への移行がスムーズになります。

 

 もちろんモーションだけではなく、プログラム的な部分での調整も必要ですが・・・

 

 しかしこれで、歩行から走行に切り替わる時の不自然さが解消されることでしょう。

 

 ゲーム上のキャラの動作には、他にも似たような事例が沢山あります。

 

 動作Aと動作Bの中間の動作が不足しているためですね。

 

 Last Standardはアクションゲームですので、こと動作に関しては徹底的に細かく作り込んでいきます。

 

 今後はこういった“中間の動作”も沢山登場してきそうですね。

 

 

 

 今回の報告はこれまで!

 

 移動モーションのリアリティをさらに向上させる為のモーションを紹介しました。

 

 今後はその他動作Aから動作Bに移行する為の中間動作もどんどん制作していきます。

 

 それにしても、こうやって一つ一つ紹介している身としては、それらの動作が合わさった時が楽しみになりますね。

 

 

 

 それでは、明日も一日ゲーム作り!
 八代空でした。ではでは~

 

blog.i-fromjapan.com