I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

今日も一日ゲーム作り!「着地モーション」(2017/02/23)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

 

「今日も一日ゲーム作り」では、現在制作中の本作品の開発状況について、毎日更新で皆さまにお伝えします。

 

 

本日の報告はこちら!


・着地モーション

 

 前回の報告では、基礎動作の新しいカテゴリーとして、被ダメージモーションを紹介しました。

 

 Last Standardではどの武器にも共通して二種類の通常攻撃があり、また攻撃方向によっても受け手側のモーションは変化します。

 

 なので今後も被ダメージモーションはどんどん増えていきそうです。

 

 

 それでは、今回の報告にまいりましょう。


・着地モーション

 

 今回の報告も、新しい基礎モーション、ジャンプ後の着地についての紹介です。

 

 改めてジャンプ系のモーションを紹介するのは、こちらのブログでは初でしょうか?

 

 ここ最近、正式にジャンプ機能が導入されて、今後はジャンプに関するモーションも増えていきそうです。

 

 今回は着地ということで、ジャンプ後に起こる硬直時間中のモーションについて紹介していきます。

 

 さて、まずは実際の着地動画をご覧ください。

 


着地 モーション

 

 しっかりと着地しているものの、膝は最後まで曲げています。

 

 このことから、それなりに高い場所から着地した時のモーションだと考えられます。

 

 膝を最後まで曲げ切っているので、元の体勢に戻るのに多少時間が掛かっています。

 

 所謂硬直時間というやつですね。

 

 おそらく、この後にもさらに高い場所から着地したバージョンなども創られることでしょう。

 

 その場合は、ダメージプラスさらに長い硬直時間といったところでしょうか。

 

 さらに武器のパラメーターによっても、着地は変わっていく模様です。

 

 今回のはおそらく通常の着地ですが、今後は重量武器の着地や逆に軽量武器の着地など、様々なパターンが用意されそうですね。

 

 

 

 今回の報告はこれまで!

 

 ジャンプに関するモーションの一つとして、着地モーションを紹介しました。

 

 これらのモーションも、他のモーションと同様色々なパターンが用意されそうです。

 

 できるだけ多く紹介していきたいですね!

 

 

 

 それでは、明日も一日ゲーム作り!
 八代空でした。ではでは~

 

blog.i-fromjapan.com