読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

今日も一日ゲーム作り!「下段攻撃モーション1」(2017/03/05)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

 

「今日も一日ゲーム作り」では、現在制作中の本作品の開発状況について、毎日更新で皆さまにお伝えします。

 

 

本日の報告はこちら!


・下段攻撃モーション1

 

 前回の報告では、ガードからの切り返し動作“カウンターモーション”を紹介しました。

 

 ガードが二種類存在し、心理的な駆け引きのあるLast Standardにおいては、かなり重要なコマンドとなっていきそうです。

 

 なのでこのカウンター機能については、バランス調整を慎重に行っていきたいところですね!

 

 

 

 さて、それでは今回の報告に移りましょう。

 

・下段攻撃モーション1


 ということで、ここ最近は基礎動作、ジャンプ、ガードを中心とした報告でしたが、今回はそこから少し離れ、新たな攻撃モーションの報告となります。

 

 そして以前に、下段ガードモーションを紹介しましたが、今回はその攻撃バージョン。

 

 まずは早速、今回紹介する下段攻撃モーション1の動画を見ていきましょう。

 


下段攻撃モーション1


 今回の攻撃モーションは、剣などによる刺突モーションとなっております。

 

 これまでのモーションとは違う工夫点は、動作中に見られる僅かなブレです。

 

 人が物を振り回す際に生じる震えを表現しています。

 

 これをモーションに加えることで、モーションのリアリティがさらに向上しました。

 

 今回は刺突ということで、ブレ自体は小さめですが、今後制作されるモーションによっては、大きなブレのあるモーションも出てきそうですね。

 

 例えば武器の重量が大きくなると、ブレも大きくなるといった風に。

 

 まだまだモーションはよりリアルを追求する為に進化していきそうです。

 

 

 

 今回の報告はこれまで!

 

 今回は久しぶりに攻撃モーションについて紹介しました。

 

 モーション自体は、剣による刺突とシンプルなものですが、細かいブレを導入することで、よりリアルな動作を実現することができました!

 

 まだまだ進化していく今後のモーションに、乞うご期待を!

 

 

 

 それでは、明日も一日ゲーム作り!
 八代空でした。ではでは~

 

blog.i-fromjapan.com