読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

ゲーム制作記録「Slush Tokyo 2017に出展してきました!」(2017/04/10)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

 

「ゲーム制作記録」では、現在制作中の本作品の開発状況について、週間更新で皆さまにお伝えします。

 

 

本日の報告はこちら


・Slush Tokyo 2017に出展してきました!

 

 

 皆様、一週間ぶりですね! ブログ担当の八代空です。

 

 今夜よりブログが週一回のペースで再開ということで、ブログタイトルも変更し、桜舞う中新たなスタートを切ることができました!

 

 ブログのナンバリングは以前からの続きにしておりますが、週間となったことで、これまでとは全く違う味の記事を皆様に届けていきます。

 

 より進化した八代空のブログに、皆様も乞うご期待を!

 

 

 

 ということで、週間配信記念すべき初回となる今回の報告はこちら。


Slush Tokyo 2017に出展してきました!


 台北ゲームショウ後、幾度もブログ内でも登場していたSlush Tokyo 2017への出展、そしてピッチコンテストへの出場に関する報告です。

 

 長きに渡る準備期間の末、いよいよ迎えた本番当日・・・

 

 今夜はそんなSlush Tokyo 2017での私達の様子を、皆さまにお届けしていきます。

 ・・・と、その前に、ここからブログを読み始めたという方に、まずはSlush Tokyo 2017とは何なのかというのを軽く説明していきます。

 

 Slush Tokyo 2017とは・・・

 

 ずばり、世界中から集った様々な企業や投資家達による、世界最大級のスタートアップイベント!

 

 参加する団体は多くの投資家達の前でピッチを行うことで、直接自分達の商品についてアピールすることができます。

 

 またピッチだけではなく、会場にブースを展開することで、より密接に企業と投資家の間で交流することも目的とされています。

 

 私達はこのSlush Tokyo 2017でのピッチコンテストに、Last Standardの中核を為すシステム「サイコダイブシステム」を中心にピッチを行ってきました。

 

 さて、まずは会場内の様子ですが・・・

 

f:id:yashirokuu:20170411000910j:plain

 

 

f:id:yashirokuu:20170411000830j:plain

 

※写真撮影:加藤賢治(SQOOL.NET

 

 このように発表者は大きなステージと大勢の投資家や企業の前で、三分間のピッチを行います。

 

 今回、写真撮影にはSQOOL.NETの加藤賢治様にお世話になりました。

 

 三分間というとても短い発表時間ですが、その短さにどのチームも自分達の全てを詰め込み、コンテストはとても密度の濃い内容となっていました。

 

 会場内も、盛り上がっていたと一言でいえばそうですが、例えばゲームショウなどの盛り上がりとは全然違います。

 

 何といえばいいのか・・・圧力があるというか・・・

 

 参加しているのは一般人ではなく、企業の人や投資家といった人達なので、その人達が発する独特な雰囲気が、会場全体には常に糸を張ったような緊張感が漂っていました。

 

 こういった雰囲気は初めてだったので、当然空気に呑まれたりもしちゃいましたが・・・終わったころには何だか自分達の成長を感じましたね。

 

 そしてピッチコンテストもそうですが、ブースでも色々と貴重な経験を積ませて頂きました!

 

 私達は今回唯一のゲーム部門として参加していたので、当然お話しするのはゲーム会社やそれに投資を考えている投資家に集中していましたが・・・

 

 日本だけではなく、世界中の企業の人や投資家と交流を持てたのは、或いはこのSlush Tokyo 2017での一番の収穫といえるかもしれません。

 

 会場内は全て英語で会話が飛び交っているため、国による境界は全くなく、全ての交流は私達の今後に繋がっていく最高の機会でした!

 

 これはまた開発のモチベーションが上がるというものです!


 ・・・と、こんな風にSlush Tokyo 2017は進み、そして大盛況の下無事終了しました。

 

 終わった直後は少し安堵すうような時間がありましたが、いやいやこれからが私達にとっては本番!

 

 ここで得られたかけがえのないものを次に生かし、どんどん開発を進めていきます。

 

 皆様に一日でも早く、私達の開発したサービスを提供する為、ここから再びエンジンをかけてスタートします!

 

 皆様もどうか、引き続き応援の程、よろしくおねがいします。

 

 

 

 今回の報告はこれまで!

 それではまた来週。八代空でした~

 

blog.i-fromjapan.com