I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

【週間配信】ゲーム制作記録「ゲームに必要なパイプラインの構築」(2017/05/22)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」。

 

「ゲーム制作記録」では、現在制作中の本作品の開発状況について、週間更新で皆さまにお伝えします。

 

 

本日の報告はこちら


・ゲームに必要なパイプラインの構築

 

 皆さんこんばんは。ブログ担当の八代空です。

 

 前回のブログでは、ついに実装された走行システムについて紹介しました。

 

 走ることをいくつかの段階に分けたり、移動方向を傾けることで身体も傾いたりとすることで、よりリアルな挙動を実現させました。

 

 今後は沢山のモーションによるバリエーションを増やしたりと、さらに改良を重ねていくつもりです。

 

 

 さて、それでは今回の報告にまいりましょう。


ゲームに必要なパイプラインの構築


 ということで、今回の報告は特定のシステムやモーションというよりは、もっと全体的な進捗の報告となります。

 

 前回紹介した走行システムの実装もそうですが、現在はこれまで創った素材をいよいよゲームとして組み込んでいくために、その骨組み(パイプライン)を固めています。

 

 Last Standardは戦闘システムなど色々と独特なので、模索しながら進んでいるという感じですが・・・

 

 これまで紹介してきたテスト段階だったものも、この骨組みに組み込めば、実際のゲームのシステムとして改めて紹介できそうです。

 

 とりわけ注目なのは、やはりサイコダイブやそれに類するLast Standardの根幹をなす部分でしょうか。

 

 骨組みが完成し、実際にどういう風にシステムとして組み込まれるのか・・・

 

 またそれだけではなく、マップやバトルシステムなども、どんな進化をしているのか。

 

 もう色々と紹介したいことばかりですね!

 

 そして現在作っている骨組みにそういった諸々のシステムを全て組み込めば、いよいよゲームとして配信・・・

 

 これまで本当に一歩一歩進んできましたが、いよいよって感じがしてきました。

 

 ブログでもその様子は追いかけて逐一報告していきたいと思いますので、乞うご期待ください。

 

 

 今回の報告はこれまでとなります。

 

 いよいよゲーム全体のパイプラインを構築し始め、これまで作った素材やデータを一つのゲームとして集約する段階に入ろうとしています。

 

 今までバラバラだったものが一つになっていく感覚は、毎度ながらゲーム制作をしている中で最も楽しい時期といっても過言ではありません。

 

 そんな感動を読者の皆様にも届けられるよう、よりいっそうブログも盛り上げていきますので、どうかよろしくお願いします。

 

 

 それではまた来週にお会いしましょう!
 八代空でした。ではでは~

 

blog.i-fromjapan.com