I From Japan Staff Blog

I From Japan の開発者ブログです

【週刊配信】ゲーム制作記録「東京ゲームショウ2017を終えて」(2017/09/25)

 サイコダイブという、心理解析によって選出される自分だけの武器で戦う3Dアクションゲーム「Last Standard」
 「ゲーム制作記録」では、現在制作中の本作品の開発状況について、週刊更新でお伝えします。
 
 


 本日のサブタイトルはこちら


東京ゲームショウ2017を終えて」
 


 皆さん、こんばんは。ブログ担当の八代空です。

 

 今週のゲーム制作記録は、9月21日のビジネスデイから始まり、24日まで行われた東京ゲームショウ2017について振り返っていこうと思います。

 

 昨日まで丁度イベントだったということで、この記事を書いているワタクシの記憶も新しく、去年よりもさらに濃厚な四日間だったなぁと思いながら書いています。

 

 さて、それでは今年の東京ゲームショウを振り返っていきましょう。

 今年の東京ゲームショウについて、ワタクシが一番印象的だったのは…

 

f:id:yashirokuu:20170925221823j:plain

 

 やはりこちらの画像についてでしょうか。

 

 二日間のビジネスデイを終えて、電撃Play Station、ファミ通4Gamer、それぞれのインディー部門にノミネートされました!

 

 Twitterでは既に呟いたのですが、大変光栄なことに、インディー部門を開いている三つのメディア全てからノミネートを頂きました。

 

 去年も電撃Play Stationではノミネートされましたが、今年はまさかの三つ全てにノミネート!

 

 ノミネートということでまだまだこれから審査されていくのだと思いますが、去年からの成長を明確な形として自覚することができました。

 

 そしてビジネスデイを乗り越え、パブリックデイに突入したわけですが…

 

 二日間とも、沢山の人が立ち寄ってくださり、ブースでは列が絶えない程の大盛況でした!

 

 来てくださった方は本当にありがとうございました!!

 

 さらに沢山のメディアの方にも足を運んでいただき、取材や記事掲載なども沢山していただきました。

 もちろん、大盛況で終わるだけではなく、沢山の人にプレイしてもらったことで、色々な課題も見つかりました。

 

 やはり、ゲーム開発において、実際にプレイしてもらうというのは色々なことを得られますね。

 ゲームシステムももちろんのこと、ビジュアル面などについても沢山の発見がありました。

 

 これからの開発にどんどん生かしていきたいと思います!

 

 そしてゲームショウといえば、沢山のお客さんやメディアの他に、同じゲーム開発者達も参加しています。

 インディーゲームがこんなにも一堂に会する機会もなかなかないことなので、とても刺激になりました!

 特に海外のチームなんかはとても新鮮で、もしもお客さんとして訪れていたらきっと目移りしちゃうんだろうなぁ、なんてワタクシは思いました。

 

 そしてイベントが終わると、また来年もよろしくとお互いに挨拶もしたりして…

 

 他のゲーム開発者といえば、ワタクシ達にとってはライバルなのですが、やはり同じ志を持つ者同士、通じ合う部分もあります。

 

 これからも沢山の開発者さん達と切磋琢磨しながら、より良いゲームを創っていきたいですね!

 

 

 さてさて、実に大変実りのあった四日間のゲームショウはあっという間に過ぎ、ワタクシ達もさっそく次に向けて動き始めています。

 

 余韻に浸る間もなく、この四日間で発見した色々な課題について、早速検討していきたいと思います!

 

 以上、今週のゲーム制作記録でした。

 

 

 また来週からは、通常通りのゲーム性制作記録を配信していきますので、来週からもどうぞよろしくお願いします。

 

 

 それでは、また来週お会いしましょう。
 八代空でした。ではでは~